ぼうしや薬局とは

TOP > ぼうしや薬局とは > SDGsの取り組み
私たち、ぼうしや薬局は姫路市内に25店舗、
宍粟市に2店舗、加古川市に1店舗ある地域密着型薬局です。
地域の人々の健康をサポートできるように、様々な取り組みを行っております。


SDGsとは


SDGsの取り組み

Sustainable Development Goals

  • 1.貧困をなくそう
  • 2.飢餓をゼロに
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 6.安全な水とトイレを世界中に
  • 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 8.働きがいも経済成長も
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10.人や国の不平等をなくそう
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 12.つくる責任 つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 14.海の豊かさを守ろう
  • 15.陸の豊かさも守ろう
  • 16.平和と公正をすべての人に
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
  • SDGs
持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、株式会社ぼうしや薬局としても積極的に取り組んでいます。

ぼうしやが取り組む
SDGs


  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
健康教室・まも~る活動
ぼうしや薬局は、地域のかかりつけ薬局として、それぞれの店舗「ぼうしや健康教室」を行っています。また、がん早期発見サポートするがん予防メディカルクラブ「まも〜る」活動を通してがんの早期発見生活習慣改善キッカケをつくります。

  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
女性職員の多さ
ぼうしや薬局の従業員数の7割が女性職員です。育児世代の女性が働きやすい環境づくりを心がけております。

  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
在宅医療
地域の多職種と連携し、在宅療養者および介護者に寄り添うことによって、在宅療養者が、その人らしい人生“生ききる”ことをサポートする」を核として、ぼうしや薬局では、若者や高齢者など様々な世代の人たちが“住み続けられる”まちづくりに取り組みます。

  • 6.安全な水とトイレを世界中に
  • 12.つくる責任 つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 14.陸の豊かさも守ろう
革新的新素材「LIMEX」名刺
ぼうしや薬局の名刺は、石灰石からつくられた革新的新素材「LIMEX 〜ライメックス〜」にて作成しています。名刺 1箱100枚で約10ℓの水資源を守ることができます。

  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
姫路市とのパートナーシップ
ぼうしや薬局は、市民の健康づくりの推進に向けた取り組みを通じて、市民の健康増進に資することを目的として姫路市パートナーシップ締結しております。
ページトップ